住宅ローン延滞・払えない時に遅延はやばい?

住宅ローンがあるのにご主人が失業したり、病気で入院したりした場合、収入が激減してローンの支払いが難しくなりますね。

何らかの事情で住宅ローンの延滞が続くと、督促状や、競売予告通知などが送られてきます。競売予告通知とは、「これ以上延滞を続けていると、あなたの家を競売にかけますよ。すぐにお金を払ってください」というお知らせのことです。競売予告通知が届いたからといって、即座に家が売り払われてしまうわけではありませんから、落ち着いてくださいね。

通知状に○月○日までに来店してほしいと書かれている場合は、一刻も早く出かけて、事情を説明しましょう。相手側も競売は避けたいので、ローンの返済期間を延ばして月々の支払額を減らすなど、柔軟に対応してくれるはずです。しかし何の連絡もせずにローンを返さなければ、大変なことになりますよ。競売予告通知が届いても届かなくても、このままでは月々のローンが払えないと判断した時点で、迷わず金融機関に連絡しましょう。

滞納が3カ月から6カ月くらい続くと、ローンの分割返済ができなくなります。つまり、残りのローンを一括返済しなければならないのです。月々のローンも払えないのに、一括で借金が返せるわけがありませんね。そうなると家を売って、そのお金でローンを返さざるを得なくなります。6カ月以上ローンを滞納したら、家の売却を迫られると覚悟しておきましょう。そのような事態にならないためにも、なるべく早く金融機関に相談してくださいね。

住宅ローンに困った時の親子間・親族間売買とは?

住宅ローンが払えなくて任意売却をするとき、赤の他人に家を売るのではなく、家族や親族に買ってもらう親子間・親族間売買を利用すると、マイホームを手放さずにすみます。

親子間・親族間売買とは、任意売却で家族や親戚にあなたの家を購入してもらう方法です。家族や親族が購入した家を賃貸して住み続けられますし、将来お金ができたら買い戻せるので、マイホームを失うことがないのです。

こう聞くと、すごくいい方法だと思われるでしょう? しかし実際は、親子間売買は難しいと言われています。なぜかというと、親子間・親族間売買に必要な資金を、ほとんどの金融機関が貸してくれないからです。親子間で不動産をやりとりする場合は、贈与か相続が一般的ですね。わざわざ売買形式にするのは、何か他の理由があるからではないかと警戒されるのです。このため親子間・親族間売買には住宅ローン控除が適用されませんし、住宅取得資金贈与の特例(相続時精算課税)も使えません。親子間・親族間売買は、資金面、税制優遇面で敷居が高くなっていますが、親や兄弟、親戚の協力が得られる人は、活用を検討されてはいかがでしょう。

金融機関はなかなか資金を融資してくれまれせんが、全ての金融機関がお金を貸さないわけではありません。売買の理由が明確で、借り主の信用や返済能力が高く評価されれば、融資を受けることは可能ですよ。ただし、ローンの金利が一般より高くなるケースも多いため、慎重な計画が必要です。

住宅を売らずに、住宅ローン返済を何とかするには個人再生!

収入が減って住宅ローンが返済できないけれど、大切なマイホームは売りたくない! そんな方は、個人再生を利用を考えてみてはいかがでしょうか。

個人再生とは、借金の返済ができなくなった場合に、その金額を原則として3年間で分割返済するための手続きです。裁判所が個人再生を認めれば、計画どおりに返済できた場合、マイホームを売らずにすみます。

個人再生では借金の総額を少なくして返済しやすくできるのですが、住宅ローンは、それができません。でも安心してくださいね。借金の総額を減らせない代わりに、住宅ローン特則が利用できるからです。

この特則には1.期限の利益回復型、2.最終支払期限延長型、3.元本据え置き型、4.同意型の4種類があります。4種類のなかから好きな方法を選べばいいのではなく、利益回復型から順番に実行できるかどうかを検討していき、4番目の同意型は最終手段となります。

期限の利益回復型とは、ローンを分割で払う権利を失い、残りのローンを一括請求されている人が、滞納分と遅延損害金を原則3年、最長で5年間の分割で支払うと同時に、残りのローンも今までどおり支払うことで、住宅が競売にかけられないようにする措置です。しかしこの方法ですと、毎月の支払額が大きくなりますよね。そこで2の最終支払期限延長型を利用して、住宅ローンの支払期限を延ばし、月々の支払額を減らします。それでも返済が難しいようなら、3の元本据え置き型を利用して、元本の一部または、利息だけを支払って負担を軽くします。4の同意型では、債権者の同意が得られれば、さらにローンを返しやすい特則が加えられます。

銀行に住宅ローンの返済を待ってもらうことはできる?

ご主人がリストラされたり、入院したりなどで、思いがけず収入が減ってしまい、住宅ローンを返せなくなったら、返済を待ってもらうことはできるのでしょうか?

月々に支払う金額を減らすことはできますが、支払いそのものを待ってもらうことはできません。しかし一定期間、利息だけを返して元金を据え置く措置をとってもらえることがありますよ。本当に苦しい時は、この方法に変更してもらえないか相談してみましょう。もう少し余裕があるなら、ローンの返済期間を延ばして、月々の支払額を減らす方法もあります。

金融機関に相談すれば、ローンの契約状況や今後のライフプランなどを考え合わせて、あなたのご家庭に最適な返済計画を提案してくれるはずです。ご主人の収入が減ると、不安で苦しいですね。でも、長い人生、山あり谷ありです。このままローンを払い続けるのは難しいと判断した時点で、即座に金融機関に相談してくださいね。

忙しい、恥ずかしいと言って一日延ばしにしていると、最悪の場合は、マイホームの売却を迫られます。ローンが返せないとわかっているのに、連絡もせずに滞納を続けていれば、残りのローンを一括で返さなければならなくなるのです。3カ月から6カ月の滞納で、ローンを分割払いできなくなり、住宅ローンの残金を全額返すよう要求されます。それは不可能ですよね。こうなると、家を売却してこのお金で借金を返すしか手段がなくなるのです。早めの対処がいかに大切か、おわかりいただけると思います。

住宅ローンの督促状・催促状がきたらどうすればいい?

住宅ローンの滞納が続くと、督促状や催促状が届くようになります。恐れていた事態がきた!とパニックにならずに、落ち着いてくださいね。

金融機関にもよりますが、1度でも住宅ローンの支払いが遅れると、連絡がきますよ。連絡を無視して、そのまま返済しなければ、督促状や催促状が送られてくるようになります。ここで慌てずに、落ち着いて対処をすれば大丈夫ですよ。この時点ですぐに金融機関と話し合えば、傷は浅くてすみます。ローンの返済も病気と同じで、早期治療が早期解決の秘けつなのです。

すぐに金融機関の窓口まで出かけて、今後の対策を相談しましょう。不況が続き、ローンを返済できない人が増えていることもあり、金融機関は返済計画の変更に柔軟に対応してくれるはずです。収入が減ったことを他人に伝えるのは恥ずかしいと感じる方もいるでしょうが、背に腹は代えられません。月々の返済額が低くなる方法を相談してくださいね。

一番してはいけないのは、督促状をそのまま放置しておくことです。見ないふり、知らないふりをしても現状は変わりません。何通も督促状が来ているのに連絡もせずに滞納を続けていると、ある日、期限の利益の喪失、あるいは代位弁済と書かれた通知状があなたのお宅に届きます。これが届いたら、デッドエンドです。

ここでローンの残高が支払えないと、裁判所から担保不動産の競売を開始など、法的な通知が届き、家を手放さなければならなくなります。そうならないためにも、なるべく早めに金融機関に相談しましょう。

住宅ローンの任意売却の費用はいくら?

住宅ローンの返済に困って任意売却をするとき、気になるのが費用ですね。任意売却は不続きが煩雑で、さまざまな手数料や費用が発生します。

まず、不動産仲介業者の手数料として、売却価格の3%プラス6万円を成功報酬として支払います。そして登記などの手続きに必要な抵当権抹消登記料、税の差押解除料、後順位担保権者の担保権解除料なども発生します。

しかし、このようなお金を払うだけの経済的な余裕がない人が多いため、任意売却にかかる費用は債権者が肩代わりするのが慣例となっているんですよ。不動産仲介業者があなたに対して手数料を請求することは、宅地建物取引業法で禁止されています。万が一、手数料が請求されたら、お住まいの都道府県の窓口に連絡しましょう。

しかし、マイホームを売却するために必要となる住民票や印鑑証明書といった身分証明書類の発行手数料や、書類郵送代は自己負担となります。また、引っ越し代が出る場合もありますが、最近では多額の引っ越し費用を受け取るのは難しくなってきました。売却が決まったら、引っ越し代だけではなく、賃貸契約時の敷金や礼金なども必要になりますから、少しでも自己資金を蓄えるよう、頑張りましょう。

フラット35で知られる住宅金融支援機構では、債権者の費用負担の基準を決めています。これが全ての任意売却に適用されるわけではありませんが、ある程度は業界の基準となっているようです。住宅金融支援機構では、引っ越し代は債権者が必ず負担する必要はないと考えています。引っ越し代が必要な方は、債権者と話し合ってみましょう。

競売と任意売却の違いはなに?

住宅ローンが払えなくてマイホームを手放す場合、競売と任意売却、どちらを選べばいいのでしょうか? これらの主な違いは、1.売れる値段、2.プライバシー、3.引っ越しの時期と引っ越し費用、4.売却後に残った借金の交渉の4点です。

競売は入札制なので、市場価格より安くしか売れません。これに対して、任意売却は手数料はかかりますが、不動産仲介業者が市場で販売するため、相場価格での売買が可能です。

住宅ローンが払えなくて家を売ったことをご近所に知られたくなければ、任意売却を選びましょう。自分から言いふらさない限り、情報が外部に漏れることはないので安心ですよ。競売は物件が公表されますし、買い手がどんな物件かを見るために頻繁に家に訪れたり、売り物件として近所にチラシが配られるなど、周囲に知られる可能性が高いのです。

引っ越しに関してですが、売却が決まるまでは今の家に住んでいでも大丈夫です。しかし、競売の場合は、立ちのきを求められたら、即座に退居しなければなりません。この時期がいつやって来るかわからないのが、つらいところですね。しかも売れたお金はこちらに入ってこないので、引っ越し費用も全額自腹なのです。任意売却では、交渉次第で引っ越し時期を変更できますし、売れた金額から引っ越し費用が出る場合もあるんですよ。

家を売った金額が住宅ローンの残高よりも低かった場合は、残った借金を支払わなければいけません。任意売却なら月々の返済額や、残りの借金の減額を交渉できますが、競売ではこのような交渉は一切できないのです。

住宅ローン 売却 残債が残ってしまうパターンはどうする?

住宅ローンが払えなくなり、家を売ることになったけれど、売れた金額が住宅ローンの残高より安かった。こんな場合、残ったローンはどうすればいいのでしょうか。例えばローンが2,500万円残っているのに、1,900万円でしか売れなかったら、600万円のローンが残ってしまいますね。

残ったローンのことを残債といいますが、本当はすぐに返済しなければいけません。しかし、一度に返すのは不可能ですよね。そこで任意売却後に債権者と交渉し、自分が無理なく返せる金額を月々支払っていくことになります。

実は、任意売却が完了した時点で抵当権が抹消されていますから、残ったローンは無担保借金になっているんです。このため、交渉次第では残債額を少なくしてもらえる可能性が高いんですよ。債権者は、あなたがお金を持っていないことを知っていますから、無理やり借金を返してもらうより、ゆっくりでもいいから確実に回収した方が現実的だと考えているのです。ですから、自分が月々払える金額を、誠意をもって債権者に示し、毎月1万円ずつでも、コツコツと返済していきましょう。

残債をそのままにいしていると、債権者はあなたの借金を債権回収会社に売り渡してしまう場合があります。そうなれば、債権回収会社がきっちりと取り立ててきますよ。誠意をもって債権者と話しあい、少しずつでも返済していれば問題はなかったのに、それを怠ったばかりに、ある日突然、裁判所から支払い督促状が届くという事態にもなりかねません。

住宅ローンの任意売却とは?

住宅ローンが払えなくてマイホームを手放さすときは、競売よりも任意売却を選ぶ方が有利なことをご存じですか? 不動産仲介業者が債権者の同意を得て、あなたの代わりに家を売ってくれるので、自分の意見を伝えることができ、競売よりも高い金額で売れるのが特徴です。

フラット35で知られる住宅金融支援機構でも、競売より任意売却を勧めています。その理由として、競売よりも高い価格で売れることに加え、条件によっては引っ越し代の一部が支払われることや、延滞損害金が減る場合もあることを挙げています。また、競売の場合は、引っ越しの時期を自分で決められませんが、任意売却ならマイホームの引き渡し時期に多少の融通がきくので、新生活を始めやすいのもポイントが高いですね。

住宅ローンの滞納を3カ月から6カ月続けていると、これまでのように、住宅ローンを毎月分割して返済できなくなります。通常はここで、売却の申請を行います。申請後は、不動産仲介業者が物件価格を査定し、金額に納得がいけば、販売開始です。もし査定額に不満があれば、話し合うこともできますよ。買い主が決まって、債権者の同意が得られれば、売却は完了です。取引期間も競売に比べ、短時間ですむことが多いので助かりますよ。

任意売却でも住宅ローンを全額返済できるケースは少ないのですが、残ったローンの返済方法も、債権者が柔軟に対応してくれます。このため、その後の返済負担がとても軽くなる場合が多いのです。

住宅ローン 競売のデメリット

住宅ローンを3カ月から6カ月くらい滞納し続けると、それ以降は、ローンを分割で支払うことができなくなります。一括でローンの残額を返済するのは、まず不可能ですから、大切なマイホームを売って、そのお金で返済するしか手段がなくなるのです。

このときに何の手続きもしなければ、競売にかけられてしまいます。競売とは、支払われなかったローンを回収するために、債権者が裁判所に申し立てを行って、裁判所があなたのマイホームを売ってしまう手続きのことです。競売は、売主にとって損だといわれますが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

最大のネックは、お金です。入札制なので、相場より何割も安く買いたたかれます。住宅ローンの残高よりも安い値段でしか売れないため、ローンを全額返済できず、マイホームを失った上に、残った借金を返済しなければならないという、最悪の事態に直面してしまうのです。

生活にも影響が出ます。競売期間中は今の家に住めますが、買い主が決まって立ちのきを要求されたら、すぐに退居しなければならないのです。引っ越しの時期が自分で決められないので、とても不安ですね。しかも売れたお金は自分の手元に残らないので、引っ越しの費用を自分で用意しなければならず、経済的な負担が大きいのもデメリットです。

精神的につらいのは、ローンを完済できなかったことが、ご近所にバレてしまう可能性が高いことです。競売物件は公表されますし、ご近所に売り物件としてチラシが配られてしまうこともあるんです。また、どのような物件かを見るために、購入希望者が頻繁に家に訪れる場合もあります。